胸を張って、こんにちは!!
夢と希望を大切に。
佐藤夢奏です!!


10月27日に市川力さんの
「ふしぎのタネ」というイベントに参加させていただきました。
そこで感じたことをblogに書いていきます!!

今回のイベントでは、
参加者兼ジェネレーターとして入らせていただきました。

「ふしぎのタネ」は小学生が中心となって参加する3回連続で行うプログラムで、
今回はそのうちの1回目でした。
初回ということで少し緊張していた部分もあったのですが、
とても楽しんできました!!

ジェネレーターとして心掛けたことがあります。
それは、サポートしすぎないこと。

ジェネレーターの役割として
「一緒に学び、一緒に楽しむ」というものがあります。
大人だから、そして年上だから「教える」立場になるのではなく、
同じように楽しめる仲間であればいいなということです。

先生でもなく、大人でもなく、生徒だけということでもなく、
一緒に学ぶ仲間として、今回参加しました。

ジェネレーターとして参加をしましたが、私がサポートしようとしすぎてしまうと、
小学生の参加している子の発見のできる範囲が狭くなってしまったりすると思うので、
命の危険に迫ることがない限りは、余計な手を出さずに仲間として参加をすることを心掛けています。

私も参加者のみんなと新しい発見をするために、挑んでいるのです!!

今回は小学生が16人参加しました。
その中で4人ずつの班に分かれて、
夢の島にあるBumBという施設の周りでお散歩をしました。

私たちの班は、
参加者2人に対し、スタッフ2人という少ない班だったので、
少し緊張してか、最初は会話が少なめだったこともあり、
散歩をしていても何が発見ができるか不安でした。
しかし、1つの発見を機に、次々と面白いものに手を伸ばしはじめたのです。
それを通して「きっかけ」の大事さに気づきました。

私と一緒に行動してくださった方は、なんと
今回のメイン講師の市川力さん。
私に『子どもジェネレーター』という肩書を命名してくださった大切な方です。
市川さんと行動することを通して、たくさんの学びをさせていただきました。

その後は、
同じところに留まり、小学生の2人と市川さんと私の計4人で、
新しい発見を続けていきました。
私たちはワークをしていた施設を出てすぐのところに留まり、
自分たちの興味のあること、気になることをひたすら見つけていきました。

つまり、お散歩と言いながら、あまり動かなかったのですww
しかしその分、1つの場所から感じられる気づきがたくさんあり、
こんなに狭い範囲の場所でも「ふしぎのタネ」がたくさんあるという事にびっくり、感動しました。
普段どれだけ、道などの周りの環境に関心を向けていないかということが、自分の心に突き刺さりましたww

お散歩の時間が終わり、4チームが終結して自分たちの見つけたものを
大きな模造紙にまとめました。
それを発表することになったのですが、
それぞれ、見つけたものも、まとめ方も違っていて、それもまた面白かったです!!

私たちの班は、
お散歩で見つけものを袋に入れて持って帰ってきていたので、
模造紙に持って帰ってきていたものを乗せて、
そこにそれを見つけた場所とものの説明などを書き込みました。

jhg


他の班は捕まえてきた生きものを見せながら、
模造紙に書いた説明を読んでいる子や、
絵にかいたことについて説明している子もいてとても面白かったです(^▽^)/

最後終わった後に思った感想は...。
本当に楽しかった!!!!
実は、市川力さんとは様々なことについて沢山お話させていただいているのにも関わらず、
市川さんのイベントに参加させていただいたのは初めてで、
どんな感じなのかな??とワクワク不思議な気もしました。

ですが、参加するとあまりにも楽しかったうえに、
「ジェネレーター兼参加者」として参加させていただけたことで
とても学びがありましたし、新たな気づきから新しい発想も出来ました。

このイベントを通してお話感じ、考えたこと。

それは、「ふしぎのタネ」だけでなく「やりたいことのタネ」や、
「チャレンジのタネも」自分自身の歩く道の中にあるはずということです。

今まで歩いてきた道の中にあるかもしれないし、
これから進んでいく未来にもたくさんあるかもしれません。
ですが、それに気づくことが出来るかどうかは
何事にも「なぜ??」というはてなマークを
頭の中に浮かべておくことが大切なのではないかと思います。

といいつつも…
私も出来ていないので、
これを読んでくださっている「やりたいこと」が見つからない方がいたら
一緒に見つけていけると嬉しいです!!

それではまた次回!!

また、Instagramのフォローもよろしくお願いします!!
画像をクリックしてInstagramへjumpしてください!!
@yumekamanasobi



yumeka